転職エージェント 選び方

転職エージェントと一言でいっても、
大小合わせれば相当な数の会社があります。

 

大手でいえば、リクルートエージェントや
インテリジェンス、マイナビなどが
CMやネット広告を活発に出していますよね。

 

また、普段の生活でも?
地下鉄や駅の広告に転職エージェントの
広告を見ることもあります。

 

最近わたしは地下鉄に乗っていたら、
ちっちゃな広告でワークポートという
エージェントがあることを知りましたしw

ワークポート

 

これだけいろいろな会社があると、
どの会社にすればいいのか迷ったり、
混乱したりして肝心の転職活動に
支障をきたすおそれがあります。

 

そこで?
転職エージェントの選び方を知っておきましょう。

 

 

◆得意分野・業界・職種を知る

 

転職エージェントのホームページを見てみると、
○○名を紹介しましたという実績の案内や、
何社の求人がありますといった、
あなたを安心させるための
謳い文句が載っている会社が多いです。

 

謳い文句というと失礼かもしれませんが、
まあいいでしょう(笑)

 

そして、会社によってはどこどこの業種に自信があるとか、
そういった内容が載っていたり、登録後に
キャリアアドバイザーの方が教えてくれたりします。

 

 

そう、会社によって守備範囲が異なる
というわけですね。

 

例えば、リクルートエージェントのような
大手企業であれば、ほとんどの業界や
職種を網羅しています。

 

小さな規模のエージェントだと?
東京都内にほぼ限定して紹介を
行なっているような会社もあります。

 

 

また、IT系やベンチャー企業に強い会社もありますし、
医療や障害者、介護、アパレルといった分野に
特化した転職エージェントもあります。

 

 

どこが良い・悪いというよりも、
それぞれに特徴があるので、
自分が興味のある仕事に詳しい会社を選ぶことが
重要になってくるというわけです。

 

 

転職エージェントに実際に登録してみる

 

やはり、一番は実際に気になった会社に
登録をしてみることです。
(登録はもちろん、面談やアドバイス等も全て無料です♪)

 

登録作業をしてから、対応の早さ、電話対応など、
実際にやってみないと分からないですからね。

 

単に評判や口コミ体験などをチェックしただけでは、
結局その転職エージェントが自分にとって合っているのか
どうなのかというのは分かりませんから。

 

 

会社の体制をチェック

 

細かい話になってしまいますが、
厚生労働大臣許可番号が明記してあるか
(誰でも許可なくできるという仕事ではないので)
ということや、個人情報の管理が徹底できているかということも、
ホームページやパンフレットでチェックしておきましょう。

 

 

大事な個人情報が流出してしまったら、
大問題ですからね(ーー;)

 

※「大手だから大丈夫だろう」とか、
「有名な会社だから問題ないはずだ」
という考え方は危険です。

 

自己責任の名のもとに、
しっかりチェックしてくださいね!

転職エージェント 選び方記事一覧

転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談したり、面談後に実際に求人を紹介してもらったり、履歴書や自己PRの添削なんかをしてもらっていると?だんだん分かってきますよね。その転職アドバイザーの力量というかスペックというかが。で、有能な方であれば何も問題ないのですが、問題は?「このアドバイザー、どう見ても無能やろ(-_-;)」という場合。。「ちーん」という祇園精舎の鐘の声が聞こえてきそうですwで、そ...

転職エージェントと一言でいっても、大小合わせれば相当な数のエージェントがあります。大手でいえば、リクルートエージェントやインテリジェンスなどがCMやネット広告を活発に出していますし、普段の生活でも、地下鉄や駅の広告に転職エージェントの広告を見ることもありますね。これだけいろいろな会社があると、どの会社にすればいいのか迷ったり、混乱したりして肝心の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職するのが...

転職エージェントを使って転職すれば、バラ色の未来が待っている?と思うかもしれません。いろいろな転職エージェントがありますが、どれも?「年収アップ!」とか。「○万件の非公開求人が!」とか。でも、決してメリットばかりではありません。ので?裏事情を知っておく。これも大事なことになります。では、転職エージェントの裏事情とは?やはり、ボランティアではなくビジネス(=営利目的)でやっている以上、「目標(ノルマ...